『スポンサーサイト』
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 |
『数学を勉強する意味』
先日、タモリさんのトリビアを一瞬だけ見たら、その時やっていたのが、


数学を勉強するのに意味はあるか?


というトリビア。


ごらんになった方もたくさんみえると思いますが、手っ取り早く言いますと、意味はあるそうです。


良く、「日常生活で数学なんてできても意味無いよ~」なんていう人が多いので、ホントにそうか、学者先生がお調べになりました。

結果は、
選択科目で数学を取っている人の方が、取ってない人より、年収が100万だか150万だか多いとわかったそうです。

これは、頭の善し悪しじゃなくて、
「問題解決能力のバリエーションが増える」
つまり、頭がやわらかいという事らしいです。


へぇ~っ。


と思いました。まさに。


私としては、つねづね、
「一見意味のないことほど、実は意味ある派」なので、
超納得しました。


でも、人間どこかで「効率良い」方が、意味あると思いがちなので、そこが辛いところです。



そんな
「無駄や遠回りにこそ、人生の神髄がある」」事を説いた、数学者の森毅先生の「まちがったっていいじゃないか」を今日はおすすめします。


先生は、関西人で、言葉も関西弁でのんきな感じですが、見た目もぬぼ~っとされてて、ますますゆったりした気分をかもしだされておられる方です。


これは中学生くらいの人向きの本で、私も中1くらいのとき読みましたが、大人になってもすきな本です。
ただ、現代の子供向けかというと、すこし疑問な部分もあるかも。
やはり、すごいスピードで時代は進んでいるだろうし・・・・



こうやって書いてて、ふと思い出すのは、ホリエモンさんのこと。


彼は、「お金で買えない物はない」という非常に分かりやすい思想で頑張っておられた。


それは、とても単純な思考なので、子供にも受けたし、今の時代の大人達の、少しせちがらい雰囲気や気分を反映して、子供達は、ますます「お金が大事」と思ったし、株を勉強する子供まで増えたりしましたよね。


でも、ホリエモンさんの、くれたメッセージってある意味すごく深いものだったと思う。
今、彼は罪人になろうとしているけれど、それでも彼は自らの身をもってさまざまなことを教えて下さったと思う。


そこまで見せることによって、ただ単純に「株だお金だ」とマネーゲームに興味を示した子供達に、それだけでは何か足りないって教えてくれたと思う。


大人達は、無責任に議論しているけど、子供達にとっては、これ以上、生きにくい世の中になって欲しくないなぁ。
大人や老人がこれだけ生きにくく感じる時があるってことは、子供もきっともっとおい込められてるんだろう。



だいぶ前だけど、ひとまわりほと年上の女性の知り合いが近所に住んでいて、その時、娘さんが小学生で、私に少しだけなついてくれていた。
その子はアトピーだったけど、添加物の入ってるお菓子を買い食いしたときは、「リカちゃん預かってて」と言って、私のアパートまで持ってきたりした。
「お母さんが心配するから」と。
せつない。

最後にお菓子を預かってたとき、急にお引っ越しが決まって、お菓子を返せなかったんだった。


ごめんね、お菓子渡せなくて・・・
ずっと謝りたいと思ってたけど、もう会えなかったんだ。


彼女は、どうしているかな?
ときどき思い出す。
小学生なのに、
「赤点取ったら高校って卒業できないの?」って本気で心配していた彼女のことを。


ランキングに参加しています。
押してもらえたら励みになります♪
今日も明日も、ささやかなしあわせがあるといいな
↓ 






スポンサーサイト

テーマ:モノの見方、考え方。 - ジャンル:心と身体

【2006/03/13 17:51】 book | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<春の占いサイト特集 | ホーム | ハワイの風>>
comments
please comment














管理者にだけ表示を許可する

trackback
trackback url
http://happytalk.blog39.fc2.com/tb.php/80-f8e732c1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
通販の商品検索アラジン 相互リンク集 検索エンジン 
MMI-NAVI FC2 Blog Ranking ブログランキング 【初心者からプロまで気軽に使える格安サーバはココをクリック】
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。