『スポンサーサイト』
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 |
『空気の研究』

こんにちは~ニコニコ花冠です~ラブラブ




昨日は、ブロ友さんの スポンジこゆたんさまと ハシさまの 詩が掲載されている詩集をご紹介いたしました。


不思議な事に、本日も本のご紹介です(^^ゞ

「空気」の研究 (山本七平ライブラリー)/山本 七平
¥1,800
Amazon.co.jp

先日、

8月9日の長崎に原爆が投下された日のブログ日記に、

戦争について、

特に日本人の気質について、時として、よくわからない部分がある。。。

ということを書いておられる方がみえました。


「ひだまりのワンド blog」 の nicoさま です。


nicoさまに、花冠は、メッセージを書きました。


もしかすると、どうして戦争への道を日本人が歩んでしまったか

そして

善い所もあるのに、ちょっぴり理解しがたい部分も多い

「日本人」という民族の気質の疑問が解けるかもしれませんと。


ご紹介した本は、

山本七平 著 「空気の研究」です。


空気をよむ。。という表現は

日本独特のものだそうです。


そして、その言葉が、日本人の気質と言うものを解く手がかりにもなるというのがこの書籍の内容です。




その、花冠からのメッセージを

nicoさまは、しっかりと受け止めてくださり


図書館でわざわざお探しになって

読んでくださいました。

そして、記事にして内容をまとめてくださっているので

ぜひともみなさまお読みになってみてくださいませ~。コチラです→ 

nicoさまがお読みになられた図書館の本は、

とても古い本ですが、

比較的新しい1997年版で

「山本七平 ライブラリー」というのが出ていまして、

ヘタをすると

大きい書店などでは新刊として売られている可能性も0ではありませんし、

この「山本七平 ライブラリー」は、

古本でも、かなり綺麗な状態で手に入る可能性が高いです。

ぜひとも、

ご興味のおありになられる方は

アマゾンや

古本屋さんでお探しになられてみてください。

nicoさまもお書きになられていますが、

日本人が良く使う

「水に流す」などという、

「水」という表現についても

この著者は

かなりするどく言及しています。

日本人は、言葉を大切にする民族なのです。

nicoさまの活動や、ワンドってなあに?という疑問は、

HPをご覧になられますとよくわかりますよ。

ひだまりのワンドHP ワンドについて


nicoさま

一読者の私の様な小さな声に耳を傾けてくださり

行動に移してくださって

ほんとうに嬉しいです。

ありがとうございました。


世の中は

これからも

よくなっていくと思いました。


こうした

力強い

行動のひとつひとつが

やがて

少しづつ少しずつ

蝶々の羽音の様に重なり合って

それが

風になり

世の中をきっと

変えてゆくでしょう






人気ブログランキングへ

名古屋市天白区のプリザーブドフラワー教室&通販shop

花冠へのお問い合わせはこちらへどうぞベル

hana_kanmuri6@yahoo.co.jp


HPはこちらですベル


http://hana-kanmuri.ocnk.net/













♪♪♪

プリザーブドフラワー名古屋教室!花冠






illustrated by AkihisaSawada




スポンサーサイト
【2011/09/01 18:03】 ブログ | トラックバック(0) | コメント(12) |
<<ご縁です。 | ホーム | 311人詩集~いま共にふみだすために~>>
comments
--1. 日本人は--
本当に言葉を大切にしますよね。

呪術というと聞こえが悪いですが、


端数る言葉に妙につきまとわれる節があります。


言葉は現代における陰陽道だとおもってます!

おっと、何やら話が怪しい方向に…


すいません!
【2011/08/30 13:01】 URL | スポンジこゆたん #79D/WHSg[ 編集] |
--2. Re:日本人は--
>スポンジこゆたんさま

コメントありがとうございます。

おっしゃる意味、なんとなくわかりますよ。

この本にも書いてあったと思うのですが
アメリカと戦争していると
外来語を使ってはいけないとか
差別用語を使わないことが
差別をしないことにつながるとか。。。
そういう考え方が
日本人にはあるようなんですね?

まぁ、一理あるような気もします
ひと言では語れないですね、深い話です
【2011/08/30 13:12】 URL | 花冠 #79D/WHSg[ 編集] |
--3. こんにちは--
ご紹介くださった、nicoさんを訪問させていただきました。

空気を読む前に、空気に気付く感覚。

日本人特有のものであるのですね。

人間関係については、常にに空気が付きまといますね。

空気を破るのは水。

とても興味深いです。

素敵な本のご紹介、ありがとうございます。
【2011/08/30 15:56】 URL | mebu☆想いを言霊にのせて☆I can do it !  #79D/WHSg[ 編集] |
--4. 空気と水--
花冠さんがメッセージを下さったおかげで
素晴らしい本との出逢いがありました。

本当にありがとうございます☆

ご紹介までして頂いてますます有難いです。

水と空気。
どちらも私たちに馴染み深くかけがえのないものですが、これらを例えに分かりやすく考えさせられる論述には唸ってしまったほどです。

この本、皆さんに読んで欲しいと思っています…!

心からの感謝を込めて。
【2011/08/30 19:51】 URL | ワンド作家nico(にこ) #79D/WHSg[ 編集] |
--5. 空気と水--
この本、読んでみたいですね♪

日本人にしかわからない表現、四季から派生して、独特のニュアンスを読み取ったり表現することに長けたのかもしれませんね。

でも、空気を読めても、あえて言葉にしたくなったり、空気を読まないことをよしとする風潮もあるような・・・
どちらか良いのか、あるいはどちらもOK なのか。

そのシチュエーションにもよるのかもしれませんが、そんな風に割りきれず考えるのが、また、日本人的なのかも~~(^^)
【2011/08/30 21:06】 URL | ハシ #79D/WHSg[ 編集] |
--6. Re:こんにちは--
>mebu☆想いを言霊にのせて☆I can do it ! さま

コメントありがとうございます。

水に流す。。という表現がありますが、きっとこれを海外の人に理解してもらうのは難しいでしょうね。

今回の原子力発電所で、冷却するのに水が使われましたが、水というのは分子構造的にもほんとうに優れた物質で、あまり悪い変化を起こさないらしいですね。
まさに、日本人的に言えば、清めてくれる存在とでも言うのでしょうか。

昔のひとがそれを知ってか知らずかわかりませんが、そのような微妙なニュアンスの表現があることじたい、日本人の繊細さをあらわしてると思います。

nicoさまの素敵な世界も覗いてくださったのですね♪ありがとうございました♪
【2011/08/31 04:50】 URL | 花冠 #79D/WHSg[ 編集] |
--7. Re:空気と水--
>ワンド作家nico(にこ)さま

こちらこそ、私の様な一読者のよくわけのわからない(笑)メールに耳を傾けてくださり、こうして探してまで読んでいただいて、ほんとうにありがとうございました。

とても感激いたしました。

実は、あのメールを送信させていただいた時に、不思議と確信のようなものが湧き出てきていて、なんの迷いもなかったのです。
ときどきそういう不思議な行動を起こしてしまうのですが、ふだんはあまり自分からアクションを起こすほうではないですので、後から自分でもびっくりです。

この著者の本は、平易な文体で、わかりやすく、あまり他にはない興味深い内容ですので、おすすめですよね。

こちらこそ、nicoさまの広いお心に感謝いたします。記事もご了承いただき、ありがとうございました。
【2011/08/31 04:58】 URL | 花冠 #79D/WHSg[ 編集] |
--8. Re:空気と水--
>ハシさま

コメントありがとうございます!

あえて、空気を読まないことをよしとする風潮っていうのは、もしかするとアメリカなど海外からの気質や文化が微妙に日本人的なものとまざり合ってしまっているからではないでしょうか。ふと、そんな風におもってしまいました。

でも、日本には、「臨機応変」という、素晴らしい言葉があるではありませんか!(笑)

ほんの数十年前まで、アメリカ人には、「肩がこる」という概念がなかったそうですよ。
さすがに、今は、アジア文化も入って、マッサージ的なものもあるでしょうが、昔は「肩がこる」という表現自体がないのですから、「肩こり」という概念も無かったらしいです。

つまり、そういう言葉があるってこととそういう概念があるってことはやはり一致するのでしょうか?

はじめに言葉ありき。。。
う~ん考えるとやっぱり深~い!(笑)
【2011/08/31 05:04】 URL | 花冠 #79D/WHSg[ 編集] |
--9. ありがとうございました!!--
 花冠さんのおかげで、素敵な本に出会いました♪
 ここで紹介して下さらなければ…
 花冠さんと出会わなければ…
 と思うだけで、このご縁は嬉しい繋がりです☆
 
 勝手に花冠さんの事も紹介させて頂きました!!
 何か不都合がありましたら、おっしゃって下さいね。
 本当にありがとうございますね☆ 
 感謝ですo(^-^)o
 これからも、花冠さんのブログ楽しみです☆

 この本も気になりました~~!!
【2011/08/31 11:36】 URL | クマっこ #79D/WHSg[ 編集] |
--10. Re:ありがとうございました!!--
>クマっこさま

こんばんは♪
クマっこさまのブログ、拝見させていただきました♪
素敵にご紹介いただき、嬉しいです。
ありがとうございます。(*^▽^*)

クマっこさまの行動力にただただ感動です!
1日でよくお探しになられましたね~。
人間も、本もご縁ですよね♪
素敵なご縁にほんとうに感謝の気持ちでいっぱいになりましたo(〃^▽^〃)o

いろ~んなたくさんの方々とのご縁が
繋がって繋がって。。。
こうしてお出会いさせていただけたのですもの。
こちらこそありがとうございました~!!
そして、これからもどうぞよろしくお願いいたしますm(_ _ )m
【2011/08/31 20:16】 URL | 花冠 #79D/WHSg[ 編集] |
--11. 無題--
とっても興味深い~☆本ですね!

日本には独特な素晴らしいことがたくさん。
花冠さんの紹介で著者さまがどのように言及されているかとっても読んでみたくなりました!
言霊も日本語の発音から強いですものね。
【2011/09/01 15:02】 URL | コトバ屋@えちごゆう #79D/WHSg[ 編集] |
--12. Re:無題--
>コトバ屋@えちごゆうさま

コメントいただいて
ありがとうございました!

そうなんです~、内容的にはとてもめずらしい興味深い。。というか深い本だと思います☆

しかも、この方、た~くさん本を書かれているんですよね~
もっといろいろな方に読んでいただきたいと思ってしまいます。

日本人は言葉を大切にする民族ですね。
この本は、日本人独特の世界観についていいところも変ったところにも触れています。
【2011/09/01 18:03】 URL | 花冠 #79D/WHSg[ 編集] |
please comment














管理者にだけ表示を許可する

trackback
trackback url
http://happytalk.blog39.fc2.com/tb.php/727-83577f34
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
通販の商品検索アラジン 相互リンク集 検索エンジン 
MMI-NAVI FC2 Blog Ranking ブログランキング 【初心者からプロまで気軽に使える格安サーバはココをクリック】
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。