『スポンサーサイト』
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 |
『幸せを感じる才能』
昨日、ピンクの膝掛け用のブランケットをある方からいただきました。
猫さんの後ろ姿が描いてある、とってもかわいいものです。
それと、おいしいお菓子もいただいちゃったので、その毛布にくるまりながら、お菓子をほおばって超幸せなひとときを過ごしました。
今年の冬の残りは、これでぬくぬくと、あったかく過ごせそうです。



猫ちゃんも大好きなんです。マンションに引っ越した時、泣く泣くひとにあずける事になってしまったのですが、以前は2匹飼っていました。女の子と男の子で。ふたりの間には、子供も5匹生まれてすっごくかわいかったなぁ。生まれた赤ちゃんも、全員は飼えないので、結局人にもらってもらわなきゃいけなかったのが残念でした。
家族も全員猫好きで、ほんとなら手放したくないと、おばあちゃんもお母さんも思っているのは、私も見ていて分かりました。



女の子の方の猫ちゃんが、赤ちゃんの時、すっごい甘えん坊さんで、私が座ってると、すぐにひざにのってくるのです。ほんとに、座るとすぐにのってくるから、何かするたんびに、下におろしてもおろしてもまたあがってきちゃう(笑)
そんな甘えん坊だったのに、ミルクを飲ませたとき、お腹を壊してしまって病院に入院させられちゃったら、家に帰ってきたときには、すっかり性格が歪んでしまって、名前を呼んでも振り向きもしないふてぶてしい子になってしまって・・・(泣)
猫でも、幼少期のできごとって、性格形成に重要みたいです。



今日まで、このブログには、幸せについて、自分なりに考えたこととかにテーマを絞って書いてきたつもりなのです。
みなさん、しあわせって、どういう時に感じますか?


幸せを感じるのにもそれを感じる才能みたいなものが必要だなぁ・・・と、最近つねづね思うわけです。
同じ状態でも、感じるひとによって、しあわせだったり、ふしあわせだったりって事もありうるわけですよねえ。


そういう事を思うとき、いつも思い出すのは、なぜか内田裕也さんの娘さんの内田也哉子さんの事だったりします。


以前本屋さんで、彼女のエッセーを立ち読みしてたら、(←買えよってことですが)ものすごく感動するくだりがあったんです。
なんというか、こういう風に物事を感じられるひともいるんだなぁ~って。素敵だなぁって思いました。


なんせ立ち読みだったんで(苦笑)はっきり文章まで憶えてないんですが、内容的には、こんな感じ。


ある日、也哉子さんが道を歩いていたら、道の向こうから、別々に暮らしていた父親の内田裕也さんが、こっちに向かって歩いて来られたと。
そいで、通りすがりに、
「おう」とかなんとか、声をかけて、通りすがって行ったと。


ただ、それだけの事だったけれど、なんだかその時、也哉子さんは、父親の自分に対する愛情をとても感じたと。
なんかそういったような内容でした。


これを読んで、私は、眼からうろこというか、
「ああ、こんな感じ方もあるんだなぁ」とすごく新鮮でした。


小説や、あるいは、実際の親子関係で、内田さん親子のように別居していたり、親同士が離婚してしまったりってことは、良く聞く話ですが、その後の人間関係もずっと続いていったりする訳で、無責任な親をただ憎むのか、そこに愛情を汲み取れるのか?
そこが、その子供のそれ以降の人生に、大きな影響がある分かれ目だったりするのかなと思ったりします。
私の仲良しの子にも、ご両親が離婚されてる人がいますが、その子は父親をものすごく恨みに思っているので、(それがその子の生きるパワーだったりもしますが)端から見てると、つらいものがあります。
離婚した親を許せるのかどうかっていうのは、その親そのものの人格もひとそれぞれ個人差があるので、子供の受け取り方だけでは、推し量れないけれども、でもやっぱり、一緒に暮らしていない親に、道端でばったり会って
「おう」って言われて、普通はなんか冷たいな、とか寂しいなとか思うんじゃないのかなーって。



そんな普通の場面で、(ああ、しあわせだな~)って感じる感性っていうのかな?そういうのが也哉子さんの才能なんだろうな。



也哉子さんも、ご結婚されていて、お母さんでもあるから、そんなに忙しく芸能活動はされていないけれども、ときおり雑誌のインタビューや、発表されている著作物にはいつもハッと注目してしまいます。
なんというか、目立たないけれども確実に存在感を放っているのです。




スポンサーサイト

テーマ:モノの見方、考え方。 - ジャンル:心と身体

【2006/01/16 13:16】 therapy | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<お茶でもいかが? | ホーム | 母なる海>>
comments
please comment














管理者にだけ表示を許可する

trackback
trackback url
http://happytalk.blog39.fc2.com/tb.php/31-81e0a7bb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
通販の商品検索アラジン 相互リンク集 検索エンジン 
MMI-NAVI FC2 Blog Ranking ブログランキング 【初心者からプロまで気軽に使える格安サーバはココをクリック】
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。