『スポンサーサイト』
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 |
『人生の達人?!』
今日は、我が家の水道のお湯が、なぜか出ません。

この大雪と関係しているのかな?

よくわからないので業者の方に来て頂くことに・・・

早く治るといいのですが。

そういう細かいトラブルとかから始まって、日常にはいろいろな出来事がおきてきます。

どちらかというと、私は、同じことの繰り返し的な日常の方が、安心できて好きです。

んで、その合間合間にうまい具合に、ちょっとした(あくまでちょっとしたってとこが大事)行事が入るのが、自分的ベストな日常かなー。

でも、よくよく考えてみると、私の日常は、変化が少なくても、人生全体は、すっごい激しい変化に富んでるんですよね・・・。

まぁ、おいおい書いて行こうと思っています。

さて、そういう人生の荒波?!を乗り越えるために、私もアドバイスが欲しくて、切実にいろんな本を読んできました。

すぐ分かりやすく役に立つって訳でもないけど、長い目でみて、結構助けてくれた本について、今日は書かせてもらいますね。




タオ-老子
加藤祥造 摩書書房
老子・・と聞くと、思わずひいてしまいませんか?
私も以前はそうでした。
皆さんは、タオとかタオイズムという言葉をお聞きになったことはありませんか?
私は、この言葉を知って、老子という人のイメージが変わったのです。
もし、タオってあまり聞いたこと無いなぁとおっしゃる方は、もしよければ
タオのプーさん
ベンジャミン・ホフ (著), 吉福 伸逸, 松下 みさを, E・H・シェパードをごらんになってみてください。
タオについてとても分かりやすく書かれた本です。
タオっていうのは平たく言うと、人生をいかに楽ちんに生きるかという人生の智慧みたいなものです。
あの熊のプーさんが実は人生をうまく生き抜く達人だった?!という超かわいらしい本になってます。

さて、このタオという本は、老子の書いた道徳経全81章を分かりやすい日本語の口語詩に訳したものです。
老子の道徳経は、「私も、もう歳だから、山にこもって余生を独り静かに過ごしたい」と思って山ごもりに行く途中で、弟子である関所の番人に「まあ、そうはおっしゃらずにせめて私たちのために何か一筆書いてからにしてください」といって閉じこめられて、無理矢理かかせられたものらしいですね。(汗)
そういえば仏陀もイエスキリストも、ご自分で何か書かれたものって残っていなくて、たいてい弟子の口述筆記ですよね。
ほんとうに何か智慧を得た人というのは、あまり自分からいいふらしたりしないものなのかも知れないですね。






スポンサーサイト

テーマ:モノの見方、考え方。 - ジャンル:心と身体

【2005/12/19 17:02】 book | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<アフリカン・ビート | ホーム | 野ブタ。>>
comments
please comment














管理者にだけ表示を許可する

trackback
trackback url
http://happytalk.blog39.fc2.com/tb.php/3-eb9ce1bd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
通販の商品検索アラジン 相互リンク集 検索エンジン 
MMI-NAVI FC2 Blog Ranking ブログランキング 【初心者からプロまで気軽に使える格安サーバはココをクリック】
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。