『スポンサーサイト』
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 |
『絵本の中から見える物』
以前、絵本の読み聞かせに通っていたことがあります。
そこは、大人も子供も、同じ様に、極上の絵本を読んでもらえる、楽しい空間でした。

その読み聞かせをされている方が講師をされていた、市民講座「絵本の中から見える物」というのにも参加しました。
そこには、十代から五十代くらいまでの、さまざまな年齢、異業種の男女が参加されており、当時十代だった私にとって、とても刺激的で、ワクワクする空間でした。

当時の、講座受講生の方々とは、いまだにずっと交流が続いており、もちろん、読み聞かせをしてくださった方とも仲良くさせて頂いています。

皆、大人になって、住む場所や、時間の流れは変わってしまったけれど、やはり絵本が好きなこころは、失っていません。


これって、とても贅沢なこと。

絵本を、子供のためだけに存在すると勘違いするのは、とてももったいないこと。
素敵な絵本は、人生を豊かに、発想を変えるお手伝いをしてくれます。

そして、好きな絵本に出会ったら、お友達に話してみてください。
Aさんが大好きな絵本が、意外にもBさんにとって、「あまり好きではない」、なんてこともざらにあります。
そんなときは、凹むのじゃなくて、いろいろお互いに語り合ってみると、とても 素敵な時間が過ごせます。
自分って、こんな事が、好きだったんだ!こんな風に考えていたのか!って新たな自分を知ったりもします。
年齢男女立場に関係なく、頻繁にこういう時間を持つことができた自分の人生は、とってもしあわせだなぁ~と最近実感しています。

下の絵本は、読み聞かせしてもらった中から、自分の印象に残ったものです。
良かったら読んでみてくださいね。
★の数が多いほど、私の中で、オススメ度が高いものです。



おすすめ絵本



★あじのひらき 井上洋介 福音館(こどものとも年少版)

★キャベツくん・つきよのキャベツくん 長新太 文研出版

★おぼえていろよおおきな木 さのようこ 童話屋

★みずたまりにやってきた  福音館(かがくのとも)

★こんにちわたまごにいちゃん あきやまただし 偕成社

★いわしくん 菅原たくや 文化出版局

★オーケストラの105人 カーラ・カスキン すえもりブックス

★エリザベスは本の虫 サラ・スチュアート アスラン書房

★★土のコレクション 栗田宏一 フレーベル

★★★★★木の実とともだち ーみつける たべる つくるー 松岡達英 偕成社

★おおきなかぶ 内田莉莎子訳 佐藤忠良絵 福音館

★★★★★どうしてかなしいの?/どこにいるの? マイケル・グレイニエツ ポプラ社

★★★ラージャのカレー 国松エリカ 偕成社



「どうしてかなしいの?/どこにいるの?」は、男の子と女の子の出会いを描いた物なのだけど、表から読むのと、裏から読むのとで、それぞれ主人公を、男の子と女の子に分けて描いてあります。
どちらから読んでもいいのだけれど、どちらにを主人公にもってくるかで、お話しの見え方が違ってくるという、斬新な作り方で、感動しました!
絵も超カワイイ~です。


スポンサーサイト

テーマ:モノの見方、考え方。 - ジャンル:心と身体

【2006/01/04 16:43】 book | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<あこがれの志保美悦子さん | ホーム | イルカと、海へ還る日>>
comments
please comment














管理者にだけ表示を許可する

trackback
trackback url
http://happytalk.blog39.fc2.com/tb.php/19-16c83b68
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
通販の商品検索アラジン 相互リンク集 検索エンジン 
MMI-NAVI FC2 Blog Ranking ブログランキング 【初心者からプロまで気軽に使える格安サーバはココをクリック】
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。