『スポンサーサイト』
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 |
『ビーヒアナウ』
みなさん、こんばんは♪
夜など、さすがに寒くなってきましたね。
うちの家でも、電気ストーブを出しました。
私は、まだ一度も使ってませんが・・・




さて、今日も、おすすめの本のご紹介です。




その本のタイトルは、ビーヒアナウ、副題に、心の扉をひらく本・・・とあります。
少し前まで、アマゾンではちゃんとイメージ写真が用意してあったのに、なぜか最近は表示されません。
本を選ぶとき、表紙って結構重要だったりもするので、見て頂きたいのですけども。



・・・・っとここまで書いてから、もういちど検索しなおしてみると、画像表示のあるリンクをみつけました☆
2人いる著者の名前が、別々に表示されていて、まるで違う本扱いになってます。




どうやら出版社も違うくなっているので、当時の古本と、新しく作り直した本の違いのようですね。
私は、古本屋で働いていたときに、この本と出会いましたが、それでもやはり再版の方でした。
平河出版社から出ている、このシリーズは、精神世界と、科学ものの中間のような感じで、(限りなく精神世界よりですが☆)とてもためになり、なおかつとっつきやすくおもしろい内容の物が多かったので、ぜひ大型書店、あるいは古本屋に行かれたときは、探してみて下さい。
手にとって見た方が、この本のよさはよく分かると思います。





翻訳者の、吉福 伸逸さんの著作、あるいは、翻訳の著書や御本人については、以前にも私のブログでもご紹介したと思うので、お時間のある方は、ぜひごらんになってみてください。今から思うと、本屋時代の私のこころの支えになってくれた本の数々のおおかたに、この吉福 伸逸さんがかかわっておられた様な気さえします。
それくらい、精神世界の本や、ワークショップなどを日本に紹介された草分け的存在の方なのだと思います。
(以前の記事で、吉福さんと、プラブッダさんが同一人物じゃないか?って書いてたみたいですが、どうやら違う方のようですね。申し訳ありませんでした。)




本の内容は、ビーヒアナウ、まさに、「いまここにいる」という事について書かれています。



強いて言えば、哲学本なんでしょうが、神秘的なイラストもたくさん入っており、見ても楽しめるし、ぱらぱら気に入った所だけ読むってこともできます。
そういった感覚で読めば、詩の本とも受け止められるでしょう。
読む人によって、いろんな解釈があると思うし、つらい時に読めば、救われる気持ちになれるかもしれないような本です。
生きるうえでの、ヒントのようなものも、いろいろ得られるかも知れません。




その日の気分や、外の天気、自分の境遇、そういったいろんな外的な雰囲気によって、同じページを読んでもまた趣も違ってくるのかも知れません。
晴れた日に、公園のベンチや、芝生の上で寝そべって読みたいような本でもあり、あるいは、いつも肌身離さず電車の中で、あるいは、夜眠る前に、ひとり静かに自分と向き合うために読みたいような・・・そんな本です。




この本は、人生のいろいろなシーンで、いつでもあなたの友となってくれるでしょう。















最後まで読んでくださってありがとうございます。
ランキングに参加しています。
押してもらったら励みになります♪
訪問して下さる皆さんに今日も幸せがありますように
↓ 
FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト

テーマ:モノの見方、考え方。 - ジャンル:心と身体

【2006/11/10 18:05】 book | トラックバック(1) | コメント(0) |
<<「独りになる」のと「独りでやる」の違い | ホーム | どうしてますか?>>
comments
please comment














管理者にだけ表示を許可する

trackback
trackback url
http://happytalk.blog39.fc2.com/tb.php/130-e5029425
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ビー・ヒア・ナウ
サイケデリックなギターワークやデジタルな効果音をとり入れることで、サウンド面での実験を試みたサードアルバムである。 前作のワールドワイドな大成功によって生まれた緊張感の欠如、セックス、ドラッグ、ロックンロールという言葉を地で行くデタラメな生活、そし 1-kakaku.com【2006/11/14 15:13】
| ホーム |
通販の商品検索アラジン 相互リンク集 検索エンジン 
MMI-NAVI FC2 Blog Ranking ブログランキング 【初心者からプロまで気軽に使える格安サーバはココをクリック】
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。