『スポンサーサイト』
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 |
『禅とオートバイ修理技術』
昨日は、すっごく早く寝てしまったら、こんな時間に目が覚めてしまった・・・・こんばんは?!



ずっと前からご紹介しようと思いながら、そういえばまだだったかも・・・禅とオートバイ修理技術。



これって、本のタイトルです。超おすすめなんです。



別にオートバイの修理の本じゃないんですよ




ま、そんな本ウチのブログで紹介するハズないんですけどね・・・




以前、古本屋で働いていたときに、この本と出会い、すっごく感銘を受けたんです。
本屋で働いてなかったら、もしかすると出会っていない一冊かもしれません。
やはり、誰に紹介してもらうまでもなく、なんとなく手に取り、おもしろそうと思って読み始めました。




いつも、書店員として、この本をどのコーナーに置くとお客さんにわかりやすいかなぁ?と思うのですが・・・・・
私は、いつも、思想・哲学のコーナーに置いてました。



でも、私以外の店員さんは、翻訳小説のコーナーに置いてたみたいでした。。





えっと、内容的には、ある中年の男の人の身に、実際に起こった体験談を、小説じたてにしたもので、ルポルタージュとも言えなくもないけれど、会話などの描写の感じが、だいぶ脚色も感じるので、やはり小説として読んだ方が、わかりがいいでしょうね。



テーマは、一貫して哲学的なものを扱っていて、こころの問題、生き方の問題、等をあつかっています。




タイトルの、「禅とオートバイ」というのは、主人公は、仲間とオートバイでツーリングの旅に出るのですが、長丁場になると、やはり自分でオートバイを修理出来た方が、俄然助かる訳です。
主人公は、自分で修理する技術を習得してゆきます。
でも、オートバイっつう生きものは、タダ単にしくみを理解しても、なかなか一筋縄では行かなく、なだめたり、すかしたり、人間みたいに治すのに、ある種のコツをつかまないとだめなんだそうなんです。



んで、それを習得していく過程が、「生きてくためのコツ」を習得してく課程と微妙に似ている・・・そう主人公は感じるわけです。




もちろん、主人公と旅を共にしている友人達のように、オートバイを自力でなおせなくとも、旅もできるし、一応乗れるんだけれども、やっぱり困ること、めんどくさいことが、多々起こってくる訳で、自分で直せた方が、ずっとずっと旅がしやすい(生きやすい、生活しやすい)のに、って、常々主人公は、思っている訳です。




そして、そのオートバイを修理する技術を習得するのって、禅に似ているという訳です。
オートバイを修理できるようになるには、禅の境地を習得しないとだめって訳なんです。




この本、一見すると、パッと見、何の本かわからない上、分厚くって重いんデス。
でもいったん読み始めたら、止まらなくて、なんとこの思い本を持って私は電車に乗ったりして移動中まで読んどりました・・・
さぞかし変人ぽいひとに見えていたことでせう。
何も、こんな辞書みたいな本、持ちあるかなくっともいいじゃん。
私も、今にしてそう思います。。。。(笑)





でも、そのときは、なにか新鮮で、「わ~、こんな本読んだこと無いっ!すごい本だすごい本だすごい本だ!!」と超感動感激していたのです。
この本は、ほかのどの本とも全然違うし、未だにこの本と似た本というのには、出会った事がありません。
すごくオリジナルな本だし、著者の感性がきわだっていると思います。




現実の世界で、傷ついて疲れた主人公の男の人(著者)は、だんだん世の中からつまはじきっぽくされ、リタイアしてゆくのですが、それでも自分の息子と接していく中で、また再生され、自分を取り戻してゆくんです。
これは、その失望と、再生への過程を描いた作品だと言えると思います。




作者がご自分の事をつつみかくさず語っているだけあって、とてもリアルに胸にせまってくる物があります。
そして、ふつうに思想哲学書としても楽しめると私は思います。
ぜひぜひ、読んでみられる事をおすすめします。



人生観が変わるかもしれません。



禅とオートバイ修理技術―価値の探究 禅とオートバイ修理技術―価値の探究
ロバート M.パーシグ (1990/04)
めるくまーる
この商品の詳細を見る




最後まで読んでくださってありがとうございます。
ランキングに参加しています。
押してもらったら励みになります♪
訪問して下さる皆さんに今日も幸せがありますように
↓ 
FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト

テーマ:モノの見方、考え方。 - ジャンル:心と身体

【2006/10/26 03:33】 book | トラックバック(0) | コメント(2) |
『星手帳』
今、これを読んで下さっているみなさま、こんばんは




えっと、みなさん、来年の手帳はもうお決めになりましたか?



もし、まだなら「星手帳2007」はいかがでしょうか?




この間、このブログでご紹介した、「筋トレ」という星占いサイトから来年のダイアリーが出版されることになりました。


今なら、楽天で予約できるそうです。
ご興味のある方は、どうぞ。
  ↓

今なら!楽天に会員登録すると、もれなく300円分のポイントプレゼント!10月31日まで!





10月の下旬になれば、アマゾンでも購入できるそうです。



筋トレさんは、どことなく、私の大好きなジョナサン・ケイナーのサイトと似てます。
よくわからないけれど、なんとなく筋トレのサイトの管理人さんは、ジョナサンがお好きなのではないかと。



もちろん、内容は、全然オリジナルなんですけれど、語り口というか、切り口が似ているのです。



どちらも、しろうとにも分かりやすい、今の星の状態、位置関係の説明からはじまり、おのおのの星座の今週の運勢を語っています。



こちらのHPでは、全体の星の流れ、運気の流れ、みたいなのを掴んで行くサイトとなってます。



悩み事があるとき、だれかに相談したいけど、うまく相談できる相手がいない、あるいはしたくない様な場面で、こちらの星占いを読むと、なんというか、自分の中にものがたりを感じる事ができるのです。



自分の人生をものがたりとして感じる。
大きな流れにのっているのだと、感じられる。



星読みという言葉を使われているのも、なんとなくうなずけるのです。
星は、あなたの背中をそっとやさしく押してくれるでしょう。
あるいは、黙ってあなたの話に耳を傾けてくれるでしょう。
筋トレの管理人、石井ゆかりさんは、きっとそんな星とあなたをつなく架け橋、通訳、ツアーコンダクターになってくださいます。



それから、もうひとつおすすめなのが、星ゆびわです。



筋トレとリンクされているアクセサリー屋さんが、あなたのために、お好きな石、あるいは、石井さんに相談にのっていただいて、今のあなたに必要な石をセレクト、指輪やネックレスにしてもらえます。
もちろん石井さんの占いつきです。



今年1年がんばった自分へのご褒美に、大切なあの人へのプレゼントに、星ゆびわ、いかがでしょうか。




見ているだけでも、じゅうぶんしあわせな気分になれるサイトさんですよ~





最後まで読んでくださってありがとうございます。
ランキングに参加しています。
押してもらったら励みになります♪
訪問して下さる皆さんに今日も幸せがありますように
↓ 
FC2 Blog Ranking

テーマ:モノの見方、考え方。 - ジャンル:心と身体

【2006/10/13 01:17】 book | トラックバック(0) | コメント(0) |
『阿部サダヲが好きだった』
私だけが好きだと思ってたのに・・・・


って事ありませんか?



私にとって、阿部サダヲさんがね、まさにそれ。



NHKの本上まなみさんの、インタビュー番組に出演されるあたりぐらいまでは、まだよかったんだけれど。
うわ~、NHKだよ~、やったね!!みたいな。



でも、なんだろ。
この間の、アンフェアのスペシャル版とか、少し前の田村正和主演、内田有紀のTV復帰作に出演されていた時も・・・
ん~~なんかちがーう!!
と思ってしまった。
後者の方のドラマは、おかまちゃんの役なのですが、なにかこう、違和感が感じられて、途中で悲しくなり、ドラマも見なくなりました。



個人的に言えば、たまごクラブひよこクラブのテレビCMに出演されていた頃のサダヲさんが一番自分の中ではピークでした。
最近は、音楽番組とかに出演しても、みんなありがたがりすぎです。
ちょっとこわいです。
それに、すこし太りぎみです。
ああいう肌質の方は、若干太りやすそうなので、気をつけられた方がよいのかも知れません。
なんか、こんなことばかり書くと、コアなファンの方におしかりを受けそうですね。
でも、いまでも応援してますから。
許して。。。。。




皆さん、自分の中に、ふたりの自分がいるって思うことありませんか?
自分の中の内なる自分、二面性、というか。
私は、小さい頃からそれがあって、今もあります。
そういう自分をもてあましてる部分もあるし、
早く人間になりたーい!!(まともなじぶん。社会的におとなな自分)って思ってる自分もいます。





サダヲさんは、「売れる(人気が出る)」事によって、「まともな人間」になっちゃったんでしょうね。
それは、ひとが安泰生きてくためには必要な事なんです。
でも、アーティストとしては、両刀の刃なんですね。
なにかおもしろくなくなっちゃうんです。
それが、よくロックやってる人が言うところの、メジャーかマイナーかっていう問題だと思うのですよ。
要するに、メジャーかマイナーかの問題じゃなくて、そのひとの個としての自分の内面が、売れることによって、どう変化するのか?あるいはしないのか?という問題なんです。



私には、売れてもずっと好きだと思える人がいて、それは、例えば甲本ヒロトさんだったり、元ジュディマリのYUKIだったり、チャラだったりします。
こういう人達は、売れてもなんで好きなのかなぁと考えるに、やはりものつくりの姿勢が全然変わってないんだと思うのですよ。



今日、情熱大陸を見てたら、千原兄弟のjr.が出てました。
へーと思って思わず見ました。
私は、千原兄弟のjrが昔からなんか好きでした。
ファンという自覚はなかったけれど、TVで見かけたら、必ずそのまま見続けます。
それと、彼が出演したドラマ、映画のたぐいも、TVでやっていると、必ず見てました。
お笑いの方は、見たこと無いのでわからなかったけど、演技者としてのjrは、とても好きでした。



今日見ててわかったのだけど、jrと私には、とても共通点があります。
子供の頃、ひととなじめなかった、ということ。
私は、友達はいたけれど、彼は、もっときっと純粋だったんでしょうね。ぜんぜん友達できなかったみたいね。
私は、ひとに合わせる事ができたけど、彼はできなかったんだろうな。



彼は、登校拒否でひきこもりだったんですね。
きっとjrには、尋ねてくれる友達もいなかったんやろうしなぁ。
想像に過ぎないけど。



「千原は、おかしい、頭がくるってる」って子供の頃よく言われたんだって。
あいつと遊んじゃだめだって。


その頃、jrのおばあちゃんが、
「おかしいっていうひとのほうが、頭おかしいんだよ。
浩史だけが、まともなんだよ。
だから、浩史が、他の頭おかしい人をまともにしてあげればいいんだよ。」って言われたのだそうです。
すごいおばあちゃんだなぁって。
最近のどんなドラマよりキュ~ンと来ました。


その後、皆を見返すために猛勉強して進学校に行ったけど、なじめなくて、登校拒否でとじこもりになっちゃったんだって。
その時、お兄ちゃんが、閉じこもりだった彼に、「お笑いやらへんか」って誘ったらしい。
このお兄ちゃんは、きっとすごくjrにとって、うらやましいというか、安心な存在だったんじゃないだろうか。
すごく傷つきやすいjrに比べて、なぜか底なしのように大らかなお兄ちゃんの存在が。お守りみたいな感じなんじゃないのかなぁ~。




今日の放送で、もう一個シンパシーを感じたのが、
「大阪の街で、ぶつぶつぶつぶつ何か言いながら歩いてるおっちゃんとかいてるでしょう?僕、彼らがお笑いやれば良かったのにと思う。芸人になってれば、あんな風に狂わずにすんだのになぁって。」っていう言葉。
私も、jrの気持ちがすっごく良くわかる気がしたんでした。


彼にとって、「お笑い」というのは、唯一の社会との接点、「わかりあえる」瞬間なんですよ。
だってね、自分が理解されたら、みなが笑ってくれる訳ですから。
こんなにわかりやすいバロメーターはない訳なんです。
だから、全国区で売れたいって彼は言ってました。
そりゃそうですよね。
売れたいですよね。
そうしたら、全国の人と分かり合えた事になるんだもんね。
でも、でも、もしそうなっても今のままのjrで居て欲しいです。
うまくいえないけれど、おばあちゃん思いで、お兄ちゃんが大好きで、お笑いが大好きなjrのままでいて欲しいですね。






少年 少年
千原 浩史 (2005/03)
リトルモア
この商品の詳細を見る



最後まで読んでくださってありがとうございます。
ランキングに参加しています。
押してもらったら励みになります♪
訪問して下さる皆さんに今日も幸せがありますように
↓ 
FC2 Blog Ranking

テーマ:モノの見方、考え方。 - ジャンル:心と身体

【2006/10/09 01:23】 therapy | トラックバック(3) | コメント(2) |
| ホーム |
通販の商品検索アラジン 相互リンク集 検索エンジン 
MMI-NAVI FC2 Blog Ranking ブログランキング 【初心者からプロまで気軽に使える格安サーバはココをクリック】
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。