『スポンサーサイト』
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 |
『切手の再利用』
みなさん、切手の再利用というと、なにを思い浮かべますか?


私は、20歳くらいで家を出て暮らし始めてからは、あんまりゆっくり実家に寄ることも無かったのですが、そのころ、たまーに母に会うと、
「使用済みの綺麗な切手があったら、切り取ってちょうだいね!」
と、良く言われていました。
私は、深く考えずに、「ハイ、ハイ」といつも返事していました。


私自身も、また友人・知人達も、割と引っ越しが多くって、日本全国に知り合いがちらばっています。
最近は、さすがにメールがほとんどで、あんまりお手紙も少なくなりましたが、それでも2~3年くらい前までは、結構文通していた方だと思います。


そういうとき、私は、必ず母の言葉を思い出して、封筒の切手を丁寧に切り取っては、袋に入れてためていました。
そうしてだいぶんたまったところで、郵便で実家に送ったりしていました。
「古い使用済み切手を、どっかの団体に持って行くと、換金できて、寄付できるのかな?」とか、その程度に考えていました。
ベルマークみたいな??


そうして、そんなことすっかり忘れていて、今回、久々に実家に戻ってみると・・・・
そこには、私の送った使用済み切手が、白い大きい画用紙に、丁寧に1枚1枚貼られていて、(横11枚×縦6枚くらいの列で)それが白木の額縁に入って、リビングに飾られてあったんです。


「わ~、こんな風に飾るためにとってあったんだ~!!」とちょっと感動してしまいました。


切手って、一枚一枚じっくりとながめると、とっても素敵な芸術作品だったりしますよね。
(・・っていうより、絵画そのものを使っていたりもしますし)
色も綺麗で、最近の印刷技術はすごいですから~。
たまたま、私の知り合いの方が、結構切手に凝る方が多かったこともあって、とっても立派なアートに仕上がっておりました。



そんな風な、大きめの額縁アートが、2つくらいと、小さいのがいくつかできていました。



もし、こんな大ぶりの額縁が無い場合は、わざわざ買うのももったいないので、家にある写真立てとかを利用なさって、綺麗な切手を飾ってみてはいかがでしょうか?


お手紙を送って下さった方も、古い切手ちゃんも、こんな風に蘇って飾ってあれば、喜んで下さることでしょう・・・・
切手を見ると、「そういえば、これは○○さんからの手紙に貼ってあったやつだなぁ~」とか、後々見ても楽しく思い起こす事ができますよ。



実際、使用済み切手を、アート以外の、ボランティア的なことに役立てておられる団体も多数あります。

日本キリスト教海外医療協力会さんでは、使用済み切手を趣味で集めておられる収集家の方などに買って頂くことによって、海外医療協力されているそうです。

また、社会福祉協議会などでも、ボランティアで集めておられるところがあるみたいです。
お近くの施設でそういうところがないか、探してみるのも良いかもしれません。


いずれにせよ、どんな方法でも、また古い切手たちが蘇る姿を見られるのは、しあわせな気分になれますよ♪


ランキングに参加中です。
押してもらえたら励みになります♪
今日も明日もささやかなしあわせがあるといいな
↓ 

スポンサーサイト

テーマ:モノの見方、考え方。 - ジャンル:心と身体

【2006/02/21 19:11】 interior | トラックバック(0) | コメント(5) |
『シンプルスタイル・シェーカーの家具』
私のパソコンデスクは、フローリング用になっていて、床に座って入力するタイプ。
ところが、2度程、デスクの後ろにマウスがゴチンと、落ちてしまい、その度に配線を変な具合に引っ張ってしまったらしく、どうもこうもマウスの調子がおかしくなってしまいました☆
現在、なぜか配線部分を左手でまっすぐに支えながらでないとマウスが接触がおかしくて動きません。
なんとかしないと-☆


さて、今日は、あこがれの家具のお話をさせてください。


この間、ローラ アシュレイが大好きと書きました。
でも、それはわりと最近の事で、その前は、とにかく物は少なく、シンプルなのが大好きでした。
それは、今も基本的には変わっていないです。
物が整理されてきちんとなっていると、なんとなく頭も整理されてくるんですぅ・・・
これは、言い訳かも知れませんが・・・・(汗


雑誌とかで簡単風水の記事を読むと、たいていお掃除しなさいってうるさく書いてますよネ。(笑)
ほんとの風水ってそんな簡単なものではないのでしょうけど。
あと、古い物は捨てなさいって。
でも、確かにお掃除は、効くと、私も思います。


物が減ると、純粋に自分の中のスペースにも「空き」ができて、そこに何か別の新しい物だったり人との出会いだったりが、「入る」ための空間ができる気がします。
「持ち物」って結局その人自身をとっても表してますよね。


とにかく気分を良くするには掃除と整理整頓、インテリアを工夫して居心地を良くするに限ります。



一時期、物に頼らない生活がしたいなーと痛切に思った時期があります。
「これが無いと困る」っていうものが無い様な生活が一番気楽で自由で
いいな~と思っていました。
それはインテリアの好みが変わった今でもあんまり変わりません。



物が無い生活がしたいなぁ~と思っていたときの、私のバイブルが、今日ご紹介する、シェーカー教徒の人達の家具や生活を、写真を中心に説明した本です。
お値段がちょっと張るのがどうしても難点なんですが・・・
私は、運良く古本でかなり美本を手に入れることができました。
確か、半額もしなかったような気が・・・


シェーカーの家具は、シンプルな椅子や机、箪笥や小物入れなど、どれをとっても芸術的です。
なかなかここまで徹底してシンプルにはできない面もあるでしょうし、物は持っていて楽しいし、しあわせだったりもするので・・・(笑)
最近は、シェーカーの家具はあんまり欲しいとは思わなくなりました。
でも、インテリアの本としては、一見の価値ありだと思いますよ-。
そこには、シェーカー教徒の方達の思想と生きる知恵、哲学が集約されているのです。



ランキングに参加中です。
押してもらえたら励みになります♪
今日も明日もささやかなしあわせがあるといいな
↓ 



テーマ:モノの見方、考え方。 - ジャンル:心と身体

【2006/02/17 00:02】 interior | トラックバック(0) | コメント(0) |
| ホーム |
通販の商品検索アラジン 相互リンク集 検索エンジン 
MMI-NAVI FC2 Blog Ranking ブログランキング 【初心者からプロまで気軽に使える格安サーバはココをクリック】
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。